I don't want no retrospective.

長続きしない

札幌ドームで愛するソフトバンクホークスを全力で応援してきた

f:id:noretrospective:20180423045538j:image

札幌在住の福岡ソフトバンクホークスファンです。当然ながら北海道日本ハムファイターズのお膝元なので、周りに大声でホークスファンを自称する知り合いもいませんし、年に数回の札幌ドーム戦が楽しみでしょうがないのです。(2018年シーズンは札幌開催7回のみ)

f:id:noretrospective:20180423045556j:image

幸いにして職場が野球に理解あるので(上司が日ハムファンとかカープファンとかいろいろ)、土日に連休申請を出しても「理由は?」と聞かれて「ドームでホークス戦です」と答えたら「それならしょうがないな」で済みました。

 

20日の金曜日は勤務明けで観戦。ファンでありながら「ビジター応援エリア」で応援するのは初という。応援歌とかコールとか手拍子とか、ガチ勢の中に入って果たして大丈夫なのかという懸念があったのですが、何せ私自身が家で観戦中に応援歌を歌うようになってしまったので問題ありません。

エリアも広くスペースが取られて非常に快適です。同じチームを愛するといえどノリで見知らぬ人と上っ面の付き合いをしたくないので隣近所に人があまりいないのが好ましいですね(単独で参戦されているお姉さんは別です)。試合が始まるときったねえヤジを飛ばすアホウが何人かいたのですが。。

 

対戦相手のマルティネスは前回もカットボールに非常に苦戦した記憶があり、今回もそうだろうなあと思っていたら案の定になってしまいました。盛り上がるところもありましたが、最後までチャンスを見出せず接戦負け。帰り道の足の重たいことったらなかったです。

f:id:noretrospective:20180423045742j:image

21日土曜日は観客もしっかり入り34000人ですか。ホークスエリアも前日とは全然違う密度です。

この日のハイライトはもちろん柳田悠岐ですが、初回の先制ホームランでテンション爆アゲ、後の結果はご存知の通りです。スリーベースが決まった時のスタンドの盛り上がりは結構なものでした。チームが勝ったときだけ行われる勝利の二次会(選手の応援歌+コールなど)が楽しみで、2017年9月以来の二次会ですからそりゃ歌いました。

f:id:noretrospective:20180423045759j:imagef:id:noretrospective:20180423045823j:image

(5回の攻めは興奮した。。)

f:id:noretrospective:20180423045900j:image

 

22日の日曜日は前日から一転、25000人しか入りませんでした。しかしながら中田翔の誕生日であり嫌な予感があります。ルーキーの高橋礼選手を何とか勝たせようと応援強めでスタートしたのですが。。

f:id:noretrospective:20180423050106j:image

何せストライクが入らない、フォアボールにヒットですぐさま失点します。回を重ねても何を武器に抑えるのか、攻め手があまり見出せないまま序盤で交代せざるを得ませんでした。2番手以降もフォアボールからランナーを増やして中田翔のセルフハッピーバースデーアーチと西川遥輝の3ランなどコテンパンにやられてホークスファンの月曜からの勤労意欲を完全に喪失させました!!

f:id:noretrospective:20180423050406j:image

負け試合の撤退は早い。。

 

というわけで文章にしちゃうと何の内容もありませんでしたが、3連戦全部フルで観戦して、接客業にあるまじき声を枯らすだけ応援して燃え尽きて、非常に心に残る時間を過ごせました。なかなか資金的にも日程的にも札幌以外への地方遠征ができないことが悲しいですが、何とかして福岡は無理でも東京ドームの主催試合くらいは見に行きたいものですねー。次の札幌は7月20日までありませんので、iPadでネット観戦しつつ現地インスタグラマーさんからのメディアで気持ちを高めたいと思います。