I don't want no retrospective.

長続きしない

2018年末から2019年初頭の雑感とご挨拶

新年が明けた。

生き急いでないし仕事上のキャリアなんてそもそもないしいつ死んでもかまわないので、2018から2019に変わっても何も変化していない。変わったことといえば年末で仕事を辞めたこととiPhoneの機種変更をしたくらいだ。

 

*****

2018年の振り返りをしておくと、ホリエモンの「多動力」にすっかり影響を受けてその周辺人物のフォローを一気に始めた。幻冬舎の箕輪厚介が手がけるニューズピックスブックが毎月のように新刊発行されるのでひたすら書い続けた。ひと通り読んで/目を通した結果、一部の本を除いて所有し続ける価値のあるものは少ないと感じた。今は最後の振り返りで読み直しをしており、終わり次第セットでヤフオクに流そうと思っている。新刊が出るたびにAmazonアフィリエイトリンクを添付し感想などをツイートして来たが、2018年は秋口以降のオーディブル新規登録4000円キャンペーンと「多動力」がオーディブルで無料お試し可能なことが合わさり爆発的に皆さん儲かったことだろう。私も初動で出遅れたが結果的に1年で12万円分の小遣い稼ぎができた。月間300–400アクセスのこのブログとフォロワーが100人いないツイッターアカウントだけで、年に12万発生させることができたのはラッキーだった。寝る時間までは削っていないが、休日にコーヒー屋に入り浸って“刺さる文章”の構成を考え続けた。

 

 

多動力

多動力

 

 

最近ではホリエモンのRTにも引っかかりづらくなってしまい、手を変え品を変えで対応しているが、抜本的な変化を起こさなければ2019年は同じ額面を稼ぐこともできないだろう。とりあえず月1万はキープし続けたい。

*****

2019年になっても相変わらずZOZOの前澤社長や広報田端氏周辺は燃えまくっている。燃え続けるための材料も燃料も充分に用意されており、話題を切らせないための予備もたくさんあることだろう。「火事を消すなら爆弾を」どころか爆弾投下してさらに燃え続け歓喜しているような景色だ。

一見/一聞して違和感の残る内容を発言し、アホが釣り糸に引っかかると喜んで燃料を投下する。話題を作って自分たちに目を向けてもらうことが主目的なのだから、自分たちに直接危害が加わらないのならばいくら燃えたっていいのだ。炎上狙いの発言をして一番痛いのはひたすらの無視なので、アホが引っかかってくれなければ燃えることもできない。アホとのツイートのやり取りは時間の浪費でもなんでもなくインプレッション稼ぎに寄与するばかりである。気になっても無視を貫け。あなたが彼らに対して持つ一番の武器は、発言よりも無視だ。物言わぬ岩になって火を起こさせるな。

*****

2018年の一番の収穫は間違いなく漫画「キングダム」であっただろう。なーんとなく名前は知っているかなくらいの距離でいたが、ふと漫画がいっぱいある温泉施設に行った際に目に入った。ちょうどその前にGOの三浦崇宏さんがキングダムに関するキャンペーンを行い世間を多少賑わせた。それもあって読んでみるとまあ面白く、1巻目から涙を禁じ得なかったわけで、それから何度もその温泉施設や漫画喫茶に足を運んで52巻すべてを読んだ。熱狂した。そうして金がないにもかかわらず全巻購入し、すでに3度は通しで読んだだろうか。現在ですでに3800万部突破のベストセラーであるが、さらにこの熱狂を伝播させるべくネットで大炎を放ちつづけたい。絶対に読んでほしい。

 

 

*****

ゴーンはいつになったら外に出て来られるのかね。

まあホリエモン同様にさらにパワーアップして登場しそうな気がしてならない。なぜならいつだってピンチはチャンスだから。